[ダークファンタジー]魔王として異世界で君臨するストーリー オーバーロード

アニメを見た後に初めから知っておけばもっと楽しめたと感じたことはありませんか?

『オーバーロード』をより楽しむために注目するポイントや知って得する知識を紹介する記事です。

3期までのネタバレ記事でもありますの注目してださい。

   目次

オーバーロードとは?

引用TVアニメオーバーロードより

冴えないサラリーマンがゲームの世界から戻れなくなり、魔王として異世界で君臨するストーリーです。

アンデッドな主人公の見た目は強烈ですが、見慣れてくるとアインズが愛らしく見えてくると思います。

部下との関係性やちぐはぐなやり取り、最強らしく振る舞うための知ったかぶりなど、笑える部分もあります。

異世界転移系で主人公無双という王道パターンでもあり痛快。

タイトルの『オーバーロード』とは、絶対的権力を持つ王を意味するもの。

なぜか参加型RPGの世界に取り残された主人公モモンガが、実体化したNPCキャラクターたちを率いて、覇王となる道を歩き出す姿を描いたファンタジーです。

ここからはネタバレを含みますので注意してご覧ください。

なかなかアニメを観る時間がない方や復習に活用してください。


あらすじとネタバレ

日本最大のオンラインゲームだった「ユグドラシルがサービス終了を発表し、強プレイヤーであったモモンガは強制ログアウトの時を待っています。

しかし、サービス終了の時間を迎えても強制ログアウトが実行されません。

その上、話すことができないはずのNPCたちがまるで命を持ったかのように行動しはじめたのです。

鈴木悟は、死の支配者・オーバーロードという種族のモモンガとして、本拠地「ナザリック地下大墳墓」ごと異世界に転移してしまっていました。

しばらく状況の把握に務めていたモモンガでしたが、息抜きにナザリックの外に出てみると、そこには美しい星空が広がっていました。

モモンガはフライの魔法を使用し雲の上まで飛び、その美しさに「キラキラと輝いて宝石箱のようだ」と呟きます。

モモンガの望みとあればナザリック全軍を持ってこの世界を手中に入れると提言するデミウルゴスに対し、モモンガもつい「世界征服なんて面白いかもしれないな」と返すのでした。

元々NPCであった階層守護者達を従えたモモンガは、その後自身の力を試すように襲われた近郊の村を助けます。

強プレイヤーであったモモンガに、手も足も出ないスレイン法国の特殊部隊「陽光聖典」。

そして敵を虐殺し村を救ったモモンガは、他に転生者がいる可能性を考え自身の名をギルド名であった「アインズ・ウール・ゴウン」と改めるのでした。

ナザリックに戻ったアインズは、部下のNPCたちに、これからはモモンガではなくアインズ・ウール・ゴウンと名乗ることにしたと宣言します。

もし自分と同様、異世界に転移させられたユグドラシルプレイヤー、特にかつてのギルドメンバー達がいれば、ギルド名である「アインズ・ウール・ゴウンを名乗ることで自分がいることを知らせられると思ったからでした

こうして彼らはナザリックの最終目標を「アインズにこの世界を捧げること」と定めるのでした。

ある日、城塞都市エ・ランテルの宿屋に、漆黒の鎧を着た大男と黒髪の美女が現れます。部屋に入った漆黒の大男が兜をとると、現れたのは骸骨顔のアインズでした。

黒い鎧を着込み、戦闘メイドのナーベラルと共に「冒険者モモン」として人間社会への潜入を試みたアインズ。

同じ頃、エ・ランテルの共同墓地で、スレイン法国の特殊部隊の元メンバーであるクレマンティーヌと、秘密結社ズーラーノーンの幹部カジットが密会していました。

クレマンティーヌは、100万人に一人しか適合者がいない秘宝『叡者の額冠』をスレイン法国から盗み出していました。

2人はこのアイテムを使うため、どんなアイテムでも使用できるという能力を持つンフィーレアを攫う計画を立てるのでした。

そんな彼は冒険者チーム「漆黒の剣」と一緒に、ンフィーリアの護衛の任に就きます。

一時別行動を取り戻ったモモンは、ゾンビ化した漆黒の剣のメンバーを発見しました。

その頃エ・ランテルでは、クレマンティーヌが殺しを楽しみつつンフィーレアの情報を集めていました。

しかしカジットは、彼女があまりに人を殺すことで騒ぎになることを良く思っていません。

クレマンティーヌは自分を諌めるような発言をするカジットに対し襲い掛かりますが、魔法で反撃にあい、もう人は攫わないと言って仕事に集中するようになります。

モモン一行がカルネ村に到着します。仲のいい村人のエンリから「アインズ・ウール・ゴウンというマジックキャスターが村を救ってくれたという話を聞いたンフィーレアは、それまでに得た情報から、アインズ・ウール・ゴウンと冒険者モモンが同一人物であることに気付いてしまいます

カルネ村とエンリを救ってくれたことに心からの感謝を伝えるンフィーレアに対し、モモンは自分の正体は秘密にしてほしいと頼むのでした。

つづいてモモンたちはトブの大森林に薬草採取に向かいます。

モモンとナーベは先行して二人だけで森に入り、現れた階層守護者の一人アウラに、森の賢王と呼ばれるモンスターをおびき出させます。

姿を現した森の賢王は、巨大なジャンガリアンハムスターの姿をしていました。モモンはその姿にやる気を無くしつつも、スキル「絶望のオーラⅠ」を発動、森の賢王を降伏させます。

 

モモンは森の賢王を「ハムスケ」と名付け冒険者組合で登録し、バレアレ工房に向かいました。途中で出会ったンフィーレアの祖母のリイジーと共に工房に到着しますが、工房にいたのはゾンビとなった『漆黒の剣』メンバーでした。

モモンは仕方なく元漆黒の件メンバーたちを倒し、行方が知れないンフィーレアを探しに行きます。

そしてンフィーリアが墓地にいると知ったモモン。

アンデットのあまりの数の多さに衛兵が退却を余儀なくされていましたが、そこにハムスケに乗ったモモンとナーベが現れ、一瞬で門の周囲のアンデットを殲滅します。

墓地の奥で、モモンは怪しげな儀式を行うカジットとその部下、そしてクレマンティーヌに出会います。

モモンはカジットたちをナーベに任せ、墓地で彼女を攫ったクレマンティーヌとカジットと対峙します。

カジットは、魔法に絶対の耐性を持つスケリトルドラゴンを呼び出しナーベを襲わせますが、ナーベは肉体能力だけでスケリトルドラゴンを押し返し、カジットを驚愕させます。

さらにモモンから「ナザリックが威を示せ」と命じられたことで、制限していた魔法を解放、スケリトルドラゴンごとカジットを葬り去ります。

一方、動こうとしないモモンに対し、クレマンティーヌはモモンの兜の隙間を狙って攻撃、スティレットをモモンの眼孔部分に突き刺したことで勝利を確信しますが、モモンにより腰を抱きしめられ拘束されてしまいます。

モモンが死なないことに驚愕するクレマンティーヌに対して、モモンは鎧の魔法を解いて真の姿であるオーバーロード族特有の骸骨の顔をさらし、そのままゆっくりとクレマンティーヌを絞め殺すのでした。

戦闘が終わり、モモンは「叡者の額冠」を装着され正気を失った状態のンフィーレアを発見、叡者の額冠を破壊して救出します。

この事件を解決したことで、モモンはミスリル冒険者に昇格しました。

しかしそんな中、アルベドから連絡が入ります。その内容は、階層守護者の一人シャルティアが反旗を翻したというものでした。

シャルティア、執事セバス、戦闘メイド・ソリュシャンらは、冒険者を演じるモモンたちとは別働隊で人間社会に潜入していました。3人は馬車で移動中、現地で雇ったザックという男の計画で武装した集団に襲撃されますが、これを一蹴、男の一人から寝ぐらを聞き出します。

セバスとソリュシャンは王都での情報を継続することとし、シャルティアが単独でその寝ぐらに向かうことにしました。

寝ぐらに到着したシャルティアの前に、かつて王国戦士長と互角に戦ったブレインという男が現れます。

シャルティアがヴァンパイアであることに即座に気づいたブレインは、自身が持つ最速の武技でシャルティアを迎撃しようとしますが、シャルティアはこの剣を指で挟むだけで止めてしまいます。

続く攻撃も全て小指1本で防がれたブレインは、自らの弱さに絶望し、シャルティアのもとから逃げ出しました。

ブレインに逃げられたシャルティアは『血の狂乱』を発動、真の姿を現します。

逃げ惑う冒険者たちを追うシャルティアでしたが、ある集団の中にいた一人の老婆に怪しげな術をかけられ精神支配を受けてしまいます。

薄れゆく意識の中、なんとか攻撃を繰り出し老婆とその盾役の男を倒しますが、精神支配からは解放されませんでした。

ナザリックに戻ったアインズは、しもべのリストでシャルティアのステータスを確認、何者かの精神支配により敵対行動を取っている状態であることがわかりました。

アインズはなぜシャルティアが精神支配を受けたのかを確かめるべく、シャルティアの元へ向かいます。

精神攻撃を受け敵対してしまったシャルティアと相対するアインズ。

アインズとシャルティアは、激しいスキルと上位魔法のやりとりを繰りかえし、互いにHPとMPを削り取っていきます。

そんな中、どちらも先にMPがほとんど底を尽き、あとは近接戦によるHPの削りあいのみが残るかに見えました。

圧倒的な近接戦能力を持つシャルティアはこの時点で勝利を確信しますが、対してアインズはシャルティアが予想通りにMPを使い切ってくれたことに感謝の言葉を発します。

その後シャルティアを倒したアインズは、金貨を使って彼女を復活させます。

そして彼は、シャルティアに精神攻撃をかけた相手を倒すため、異世界攻略に乗り出す決意を固めるのでした。

シャルティアの精神支配騒動も落ち着いた頃、本拠地ナザリックでは、アインズとアルベドがこれまでに収集した情報についての報告会を行なっていました。

その後アインズは玉座の間にてコキュートスと謁見、コキュートスを異世界転移後のナザリックとしては初になる戦争の責任者に任命します。

ユグドラシルプレイヤーの存在が見え隠れする中、アインズは戦力強化のためリザードマンの部族に宣戦布告をします。

突如宣戦布告されたリザードマン部族は、他のリザードマン部族を仲間に引き入れる案を発案しました。

そして難しい交渉の末仲間を増やしたリザードマン部族は、アンデッドを率いるアインズの部下、コキュートスに見事勝利してみせます。

敗北を喫したリザードマン部族に、今度はコキュートス1人で進軍するように命じるアインズ。そしてリザードマン部族はコキュートス達の圧倒的な力に為す術なく殺されてしまいます。

戦闘が終わったことで、今後リザードマンたちにはコキュートスによる「恐怖によらない統治」が行われることとなりました。

震えるクルシュに、アインズはザリュースの復活と引き換えにリザードマンたちが裏切らないか内部から監視して欲しいと提案、クルシュは苦悩しつつもこれを了承し、ザリュースはアインズの手で生き返らせられます。復活したザリュースは、アインズの死すらも操る力を知り、絶対の忠誠を誓うのでした。

王都に潜伏して情報収集を行っているセバスは、ある日、裏路地で体中傷だらけの少女を発見します。

少女がセバスに助けを求めたことから、セバスは少女を潜伏先に少女を連れ帰ることにしました。

セバスから少女の治療を命じられたソリュシャンは、セバスの人間に対するお節介とも思える行動に不信感を抱きます。

セバスは、奴隷の少女であるツアレと出会います。リ・エスティーゼ王国を裏側で牛耳る「八本指」という組織の奴隷であったツアレ。

そしてツアレを助けようと奮闘するセバスは、ソリュシャンに裏切りを勘繰られました。

その後八本指の娼館を襲撃しツアレを助けたゼバスは、アインズに尋問されます。屋敷に戻ると、アインズ、デミウルゴス、コキュートスがセバスを待ち構えていました。

アインズは、セバスがツアレを拾ったことで不要な騒動に巻き込まれたことを責め、ツアレを殺すように命じます。

命令には逆らえず、セバスはツアレに向けて本気の一撃放ちますが、直前でコキュートスにより防がれます。

セバスの本気を見て裏切りの疑いは晴れたとし、アインズはツアレを生かすことを許可する。

ある日、出かけていたセバスとソリュシャンが屋敷に戻ると、ツアレが何者かに連れ去られていました。

セバスからのツアレ救出の支援依頼を受け、アインズはアルベドにセバスへの支援を命じます。

取るに足らない人間に対し何故そのようなことをするのかと訝りつつ、アルベドはツアレ救出の支援を了承します。

アルベドはアインズとの通話後、「アインズ・ウール・ゴウンか……くだらない」と一人吐き捨てるのでした。

屋敷では、デミウルゴスが指揮を取り、ツアレ救出と並行での八本指の拠点の襲撃計画が立てられていました。

また王城でも蒼の薔薇の指揮のもと、八本指への襲撃準備が進められていました。

クライムたちが担当する拠点に到着すると、セバスもツアレ救出のために同じ拠点に現れます。

セバスとクライムたちはチームを組み、セバスが正面から六腕と対決、その隙にクライムたちがツアレを救出することにします。

麻薬部門長ヒルマの屋敷にはエントマとマーレが潜入しました。

そこに青の薔薇のメンバー・ガガーランとティアが現れ戦闘になりますが、エントマに全く歯が立ちません。

とどめを刺されそうになったその時、空からイビルアイが現れます。

イビルアイの殺虫魔法はエントマには効果抜群で、怪我を回復させたガガーランらとともにエントマを倒すことに成功します。

しかしそこに突如として仮面をまとったデミウルゴスが現れます。

イビルアイは仮面の男の化け物じみた強さに気づき、ティアとガガーランに逃がそうとしますが、仮面の男は炎の魔法による一撃で二人を絶命させてしまいます。

激昂したイビルアイは仮面の男に攻撃しますが、全て無効化されてしまい、絶体絶命かと思われたその時、空から漆黒の鎧をまとった戦士モモンが降り立ちます。

モモンが仮面の男と向き合うと、男は自らを『ヤルダバオト』と名乗りました。

モモンはイビルアイが巻き込まれないよう、抱きかかえて守りながら戦っていましたが、ヤルダバオト(デミウルゴス)はその場を引くことにします。

余裕に見せていたモモンでしたが、実際のところは依頼されたままに騒ぎの場所に飛び降りただけで、デミウルゴスが何を考えているのか全く分からず、途方にくれるのでした。モモンとデミウルゴスはしばらく死闘を演じ、頃合いを見てデミウルゴスが休戦を提案、その場を退いていきます。

イビルアイに促され、モモンは勝利の雄たけびを上げ、デミウルゴスの作戦通り最強の戦士となるのでした。

階層守護者たちから尊敬されるアインズですが、実は裏では支配者らしい振る舞いを練習していました。

そして部下のプレアデスやアルベドは休暇を満喫します。

その後アインズは他国への進撃を開始するため、デミウルゴスの助言に基づき、「アインズ達の拠点であるナザリックに、人間を侵入させる」作戦を実行しました。

突如現れたナザリックの調査に乗り出す、冒険者であるワーカーを惨殺するアインズ。そして彼は「人間がナザリックに侵入して激怒している」という建前を作り、進軍を開始するのでした。

そして次にアインズは、周りの国も恐れる大国である「バルハス帝国」に目をつけます。守護者を2人バルハス帝国に送り込んだ彼は、帝国を恐怖の渦に巻き込みました。

守護者の強さをみたバルハス帝国の皇帝、ジルクニフはアインズに勝つことは不可能だと悟り、彼に会談を申し込みます。

そしてバルハス帝国は、事実上ナザリックの配下となったのです。

次々と進軍するアインズは、リ・エスティーゼ王国にも宣戦布告をします。

アインズと戦う道を選ぶリ・エスティーゼ王国。しかしアインズによって軍隊を壊滅させられ戦士長を失ったリ・エスティーゼ王国も、ナザリックに降伏します。

そして2つの国を取り込んだアインズは、「アインズ・ウール・ゴウン魔導国」の建国を宣言するのでした。

登場人物紹介

アインズ・ウール・ゴウン

引用TVアニメオーバーロードより

CV.日野聡

本作品の主人公。

ナザリック地下大墳墓の統治者にして、至高の41人のまとめ役。

種族はアンデッド。外見は肉や皮がない骸骨。職業は魔法詠唱者(マジックキャスター)に分類される。

すでにレベル100へ到達しており、行使できる魔法として最高位にあたる第10位階魔法を複数使用できる。

元々は、現実世界にて「鈴木悟」という名前であり、職業はサラリーマンをしていた。

また、DMMORPGユグドラシルでは「モモンガ」というニックネームでギルド長を務めていた。

しかし、ユグドラシルのサービス終了をゲームの中で迎えようとした直後、なぜかログアウトされずにモモンガの姿で異世界(ユグドラシルの中の世界)へと転移していた。

そして、自身がギルドの拠点であったナザリック地下大墳墓におり、状況がゲームの中での設定そのままであることを知る。

転移後は、ギルドのメンバー各々が作成したNPCが意志を持つようになっており、アインズに忠誠を誓い、彼の配下となっている。そして、「アインズ・ウール・ゴウン」を名乗るようになる。

ちなみに、配下達はアインズのことをナザリック地下大墳墓の統治者にして至高の41人(ギルドメンバー)のまとめ役と認識されている。

当初、突然に階層守護者やメイド達の上に立つことになって困惑していたが、次第にナザリック地下大墳墓の統治者としての威厳を持つように。

ちなみに、空いた時間には自己啓発本等を読み、上司としてのスキルを磨いている。

アインズ・ウール・ゴウン魔導国建国後は「魔導王を名乗っている。

アインズ・ウール・ゴウンを名乗ったのには二つの理由があります。一つ目はギルド名を自分の名とすることで、過去の仲間たち全員を背負うという意味です。もう一つはユグドラシルでアインズ・ウール・ゴウンは知らない者はいない強さであったため、この名を異世界に広め、ユグドラシル出身者を探そうというものでした。

モモン

引用TVアニメオーバーロードより

アインズが異世界の実情を知るため、冒険者に扮した際に名乗っている仮の名前。常に漆黒の鎧を着用し、2本のロングソードを装備している。

森の賢王を支配下に置き、ホニョペノコ(シャルティア 1~3階層守護者)を退治したことから、冒険者として最高位であるアダマンタイト級冒険者となる。

元が骸骨顔なだけに、幻術を使って顔を欺いています。さらに元は魔法詠唱者にも拘わらず剣士として現れているのは体を隠すために全身に黒い鎧を纏っているからであり、その姿から「漆黒」と恐れられています。剣士として存在しているため、本職である魔法はほとんど使えません。しかし、ステータスはかなり高くlv30の戦士と同等の力を持っており、普通の登場人物や敵キャラクター相手には苦労することなく戦いを終わらせます。

アルベド

引用TVアニメオーバーロードより

CV.原由実

アインズの配下。ナザリック地下大墳墓の守護者統括を務めている。

種族はサキュバス。シャルティアとは犬猿の仲。

元々は「ビッチである」という設定であったが、モモンガによって「モモンガを愛している」という設定にモモンガに書き換えられ、正妻の座を狙うようになった。

そのため、法国の使役する天使からアインズが攻撃された際には、アインズ自体はダメージを全く受けていないにも関わらず、激怒している。

スタイル抜群の美女で、優れた知略と高い戦闘力を併せ持ち、さらには内政や実務、編み物や家事もできる万能な女性。

リエスティーゼ王国との外交を担っており、王国内の犯罪組織である八本指を支配下においておる。

ちなみに、サキュバスなのに処女である。

愛し方は常軌を逸しており結婚もしていないのに子作りをする気が満々、さらにすでに子供の服まで作っているという恐ろしさです。

シャルティア・ブラッドフォールン

引用TVアニメオーバーロードより

CV.上坂すみれ

アインズの配下。ナザリック地下大墳墓の第1~3階層『墳墓』の階層守護者。吸血鬼の真祖(トゥルーヴァンパイア)。

外見は銀髪で、目が真紅であり、赤いドレスを着用しており、可愛らしい外見をしている。しかし、それは仮の姿であり、本来はヤツメウナギと称される醜い外見をしている。

血を浴び過ぎると「血の狂乱」が発動し、醜い外見があらわになり、暴走してしまう。

戦闘時には真紅の鎧を纏い、スポイトランスと呼ばれる吸血槍を使用する。

戦闘力が階層守護者の中では一番高いと言われている。

作中では、盗賊のアジトを襲撃した際に、血の狂乱が発動してしまい暴走状態に陥る。その際に漆黒聖典と交戦し、精神支配を受けてしまう。

精神支配を解くためアインズはシャルティアと決闘し、激しい戦闘の末にシャルティアを一度殺している。その後、ナザリックの玉座の間にて復活した。

血の狂乱が発動されるのを懸念され、重要な任務では外されていたが、アインズがドワーフの国に行く際には同行を許され、圧倒的な戦闘能力でクアゴアを制圧している。

タイマン勝負だとシャルティアはナザリックで一番強いといわれています。

基礎能力が高いうえに、ステータス異常の無効化という防御面も優れています。

遠距離の魔法詠唱はもちろん、近接戦もかなり強く、アインズに匹敵する強さを持っています。

ただし戦闘が長期化するとバーサーカーへと変貌し、制御が利かなくなってしまいます。

ガルガンチュア

アインズの配下。ナザリック地下大墳墓の第4階層『地底湖』の階層守護者を務めている。全高30mの巨大なゴーレムであり、体は岩のように大きい。

リザードマンとの戦闘の際には、巨岩を投げつけるてるなど、恐るべきパワーを見せている。

コキュートス

引用TVアニメオーバーロードより

CV.三宅健太

アインズの配下。ナザリック地下大墳墓の第五階層『氷河』の階層守護者。

昆虫のような外見で、ライトブルーの外骨格を持つ。

4本の腕を持ち、それぞれの手に武器を持って戦う。誇り高き武人であり、格下の相手であっても戦士には敬意を払う。

リザードマンと戦闘の際には、一度目の戦闘でエルダーリッチを司令官とした軍を派遣したものの敗北している。

それを教訓にして、2度目の戦闘ではコキュートス自らが戦闘を行い勝利し、支配下においている。

その後、リザードマンの統治を担当している。

「氷河」を守護しているだけあって体からは常に冷気が放出されています。

見た目から騎士や剣士のイメージが湧きますが、コキュートスの性格もザ・武人というものです。

勇敢な者を見ると敬意を表する一面や、武士の情けのような相手を思いやる一面も。

アウラ・ベラ・フィオーラ

引用TVアニメオーバーロードより

CV.加藤英美里

アインズの配下。ナザリック地下大墳墓の第六階層『ジャングル』の階層守護者。マーレの双子の姉。種族はダークエルフ。

見た目はまだ子供であるが、エルフであるため実年齢は高い。金髪のショートヘアで、男ものの服を着ているが、性別は女の子。

創造主のぶくぶく茶釜の「男の子は女の恰好、女の子は男の恰好をすればいいのに」という趣向から男装をしている。

明るく天真爛漫な性格で、ビーストテイマーのクラスを修めており、高レベルの魔獣を多数使役している。また、レンジャーのクラスも修めており、探索や尾行も得意。

作中では、森の賢王を捜索する際にレンジャーの能力を発揮し、森の賢王を発見している。

他には、トブの大森林にダミーのナザリック地下大墳墓を建設する業務にも従事している。

アウラ単体での強さはそこまで強くなく、階層守護者の中でも下位に位置します。しかし彼は「ビーストテイマー」といって猛獣を操ることができます。その扱える猛獣の総数はなんと100体、さらにその扱える猛獣のレベル上限はlv80と考えるだけで恐ろしいです。なので単体では弱くとも集団戦では階層守護者の中で一番強いといわれています。外見の可愛さ、76歳とはいえエルフの中では若く、行動も幼いため皆の癒しとなっています。

マーレ・ベロ・フィオーレ

引用TVアニメオーバーロードより

CV.内山夕実

アインズの配下。ナザリック地下大墳墓の第六階層『ジャングル』の階層守護者。アウラの双子の弟。種族はダークエルフ。

見た目はまだ子供であるが、エルフであるため実年齢は高い。金髪のショートヘアで、女ものの服を着ているが、性別は男の子。

創造主のぶくぶく茶釜の「男の子は女の恰好、女の子は男の恰好をすればいいのに」という趣向からスカートをはいている。

気弱な性格でいつもおどおどしているが、戦闘時には容赦なく相手を殺すなど冷酷な一面も持ち合わせている

魔法を使った範囲攻撃が得意で、帝国に訪れた際には、帝国の兵士に取り囲まれたものの地割れを発生させ、兵士たちを一掃している。かなりのステータスを持っています。

姉の言うことは絶対っと言う割には実は姉よりも強いといわれています。アインズからは守護者第2位の強さを持っていると言われるほどです。

信仰系魔法詠唱者で大地や植物を操る魔法を使います。そのため広範囲攻撃ではトップの実力者です。

デミウルゴス

引用TVアニメオーバーロードより

CV.加藤将之

アインズの配下。

ナザリック地下大墳墓の第七階層『溶岩』の階層守護者。種族は悪魔。外見は人間に近く、黒髪のオールバックにメガネをかけ、尖った耳と尻尾が特徴。

アルベドと並び知略に優れており、アインズに対する忠誠心も強い。そのため、アインズが冗談で口にした『世界征服』という野望を本気に捉え、実現に向けて暗躍している。

人間種をはじめとした低レベルの者に対して、命令を強制的に従わせることができる能力を持つ。だが、守護者の中では単純な戦闘能力は低く、第十位階魔法は二つしか使えない。

世界征服計画として、世界の敵『魔皇ヤルダバオト』に扮し、王国や聖王国を攻撃し、それをモモンやアインズに撃退させる自作自演を行い、アインズの名声を高めている。

見た目はかなりインテリ系ですが、実際にデミウルゴスはオーバーロードの登場人物の中でもかなり頭が良い登場人物です。

ナザリックが攻め込まれた時の指揮官はデミウルゴスとなっています。その他にも内政から外交まで内外問わず幅広く活躍している姿が見受けられます。

一方で戦闘となると強さは大したことありません。一般的なキャラには勝てますが、力で押し負けることもしばしばあります。どちらかと言えば軍師的立ち位置です。

セバス・チャン

引用TVアニメオーバーロードより

CV.千葉繁

ナザリック地下大墳墓の執事にして、戦闘メイドのチーム『プレアデス』のリーダー。外見は白髪の老人であり、執事服を着用している。

立場的には階層守護者と同格にあり、プレアデスを率いて第十階層への侵入者の迎撃を担当している。

戦闘能力は非常に高く、一般人であればセバスの発する殺気のみでショック死してしまう可能性がある。

作中では、王国内最大の犯罪組織である八本指の幹部である六腕の内5人を瞬殺しており、そのことからも戦闘能力の高さが窺われる。

制作者・たっち・みーの「弱きを助けずに強者を名乗れるはずがない」という考えを受け継いでおり、弱者救済を信条としている。

王都内の地理を把握するために王都を散策していた際には、死に瀕していたツアレを独断で救出したことからもその信条が伺える。

また、リ・エスティーゼ王国第三王女ラナーの兵士であるクライムやブレインとは王国内で出会っており、親交がある。

ヴィクティム

CV.東山奈

ナザリック地下大墳墓の第8階層『荒野』の階層守護者。

胎児のような外見をしており、頭上には天使の輪があり、背中からは羽の抜け落ちた翼のようなものが生えている。

自身が死ぬ際に強力な足止めスキルが発動するため、最終防衛ラインである第8階層の守護者を任されている。

作中での活躍はまだあまりなく、今後の活躍が期待される。ナザリック地下大墳墓の階層守護者で初めてlv100ではない登場人物、それもlv35というかなりの低レベルが出てきました。

当然のことながらヴィクティム自身の強さは大したことがなく、今まで活躍したこともありません。

そんなヴィクティムがなぜ最終防衛ラインの階層守護者なのか?それはスキルにあります。

ヴィクティムは死亡時限定で発動する超強力な足止めスキルを所持しているようです。まさにナザリック最後の砦と言えます。

ナーベラル・ガンマ

CV.沼倉愛美

戦闘メイド『プレアデス』の1人。

通称ナーベ。見た目は人間であり黒髪を後ろで束ねている。目の色は黒でややつり目気味。

マジックキャスターであり第八位階魔法を使用できる。また、剣や素手での近接戦闘もそこそこ可能。

人間を極端に嫌っており、人間に対して暴言を吐くことが多く、アインズからそのことに関してよく注意を受けている。

モモンと共に冒険者として活動している。

アインズにモモンと呼ぶように指示されるがなかなかスムーズ呼ぶことができない。

ユリ・アルファ

CV.五十嵐裕美

戦闘メイド『プレアデス』の副リーダー。カチューシャと眼鏡、棘付きのガントレットが特徴。

生真面目で落ち着いた性格の持ち主で、プレアデスのまとめ役を担っている。

首無し騎士(デュラハン)であり、首を取り外すことができる。素手での肉弾戦を得意とする。

ルプスレギナ・ベータ

CV.小松未可子

戦闘メイド『プレアデス』の1人。褐色の肌と赤茶色の三つ編みが特徴。アインズからカルネ村の監視や重要人物の保護を命じられている。

基本的には陽気で人懐っこい性格をしているが、冷静で冷徹な一面も持つ。

人狼(ワーウルフ)であり、狼の形態に変身することが可能。ちなみに、銀(シルバー)が大の苦手。

神官のクラスを修めており、回復魔法や炎系の攻撃魔法が使える。

シズ・デルタ

CV.瀬戸麻沙美

戦闘メイド『プレアデス』の1人。橙色の髪と左目の眼帯、機械仕掛けの身体が特徴。

自動人形(オートマトン)であり、基本的には無表情で感情を表に出すことはない。

ナザリック地下大墳墓のギミック(罠)と解除方法を熟知している

ソリュシャン・イプシロン

CV.佐倉綾音

戦闘メイド『プレアデス』の1人。金髪縦ロールが特徴。捕食型粘体(スライム)のため、見た目はすべて擬態。

盗賊・暗殺系のクラスを修めており、探索や罠看破が可能。また、スライムなので体内に人や物を取り込むことができる。

演技力の高さを買われ、令嬢を装いセバスと共に人間の町で暮らし、情報収集に務めている。

人間を下等生物であると蔑視しており、彼らをいたぶり殺すことに悦びを感じる残虐な一面を持つ。

エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ

CV.真堂圭

戦闘メイド『プレアデス』の1人。二本の触覚と複眼、和服のようなメイド服が特徴。

蜘蛛人(アラクノイド)であり、本来の姿は昆虫。符術と様々な虫を使役して戦う蟲使いでもある。

ちなみに、人間のことを食糧と捉えている。

リ・エスティーゼ王国

ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ

引用TVアニメオーバーロードより

リ・エスティーゼ王国の第三王女。

美しい金髪とその美貌から「黄金」の二つ名を持つ。

弱者に寄り添う慈悲深い性格をしており、国民から支持されている。

時より見せる表情に狂気を感じる。

ガゼフ・ストロノーフ

引用TVアニメオーバーロードより

リ・エスティーゼ王国の王国戦士長。

王国最強の騎士として、その名は周辺諸国にも轟いており、他国の戦士と強さを比較されることも多い。

屈強な身体を有し、髪の色は黒色である。

作中では、カルネ村でスレイン法国に攻撃され、敗北しそうになっていたところをアインズに助けられている。

王国と魔導国との戦闘の際にはアインズと一騎打ちをすることになる。

クライム

引用TVアニメオーバーロードより

リ・エスティーゼ王国第三王女ラナーに遣える兵士。

孤児であったところをラナー王女に保護された過去を持つ。そのため王女に対する忠誠心は非常に高い。

クライムは、才能こそあまりないものの、努力によって通常の兵士をはるかに超える強さを有している。

戦闘時にはラナー王女から与えられた純白の全身鎧を着用している

金髪で、年齢はまだ若く15歳程度であると思われる。

とにかく真面目でまっすぐな性格。

ブレイン・アングラウス

引用TVアニメオーバーロードより

ガゼフ・ストロノーフに匹敵する強さを持つ王国の戦士。武技である、領域、瞬閃、神閃等により、領域内に入った相手を、通常人では知覚不能な速さで攻撃できる。

作中では、王国の御前試合でガゼフに敗れ、実戦をつむため盗賊団に入っていた。

盗賊団のアジトを攻撃してきたシャルティアに自身の攻撃を全て指一本の爪で防がれてしまう。

その後修行を積み、シャルティアと再度出会った時には四光連斬を命中させ、爪を欠けさせることに成功した。

その後、ラナー王女の兵士となっている。

ザリュース・シャシャ

引用TVアニメオーバーロードより

赤色の表皮を持つリザードマンの旅人。

緑爪(グリーンクロー)部族の出身である。

リザードマンの四至宝の内の一つ、凍牙の苦痛(フロスト・ペイン)を所有している。

コキュートスからの宣戦布告に対して、自らが使者となってリザードマンの他部族と同盟を結んだ。

コキュートスとの戦闘の際には、切り札としてフロスト・ペインによる攻撃を仕掛けたが

コキュートスにダメージを与えることはできなかった。

戦士としての資質が高く、アインズも高く評価している。

クルシュ・ルールー

引用TVアニメオーバーロードより

元リザードマンの部族レッドアイ族長代理であり、ザリュースの婚約者である。

アルビノであるため肌の色は薄いピンク色である。

魔法に長けており第三位階までの魔法を行使することが出来、治癒魔法や支援魔法を使用することが出来る。

ザリュースとの間には子供が生まれており、子供もやはりアルビノである。

ゼンベル・ググー

リザードマン部族の1つである、ドラゴン・タスクの族長である。

緑色の表皮を持ち、屈強な身体を持つ。

非常に好戦的な性格で、同盟を持ちかけてきたザリュースに対してその場で決闘を申し込んでいる。

コキュートスに敗北した後はアインズの支配下に入っている。

旅人としてドワーフの国を訪れたことがあることからアインズ達をドワーフの国へと案内した。

エンリ・エモット

カルネ村の少女。

スレイン法国の兵士に襲われているところをアインズに助けられた

その際にアインズから与えられたゴブリン将軍の角笛の効果によって召喚されたゴブリン達の主人となる。

その後、強力なゴブリンたちを従えていることからカルネ村の村長となった

ンフィーレア・バレアレ

エ・ランテル最高の薬師、リイジー・バレアレの孫である。あらゆる魔法道具を使用できるという強力なタレントを有しており、エ・ランテルでも有名であった。

モモンに救出された後にはカルネ村に移り住んでいる。

薬師としても優秀であり、カルネ村では効能の落ちることがないレッドポーションの開発を行っている。

ジルクニフ・ルーン・ファーロード・エル=ニクス

バハルス帝国の王。

政治的手腕に優れており、帝国の旧体質の貴族達を一掃して専制君主性を確立した。

作中でもフールーダの裏切りに即座に気づくなど、政治的な勘が鋭いことが伺われる。

その国王然とした振る舞いをアインズも参考にしている。

金髪で足が長く美男子である。

フールーダ・パラダイン

バハルス帝国の主席宮廷魔術師である。

第6位階までの魔法を行使できる。

外見は白ひげをたたえた老人である。

魔法研究に対して異常な程の執着を示しており、マジックキャスターとして圧倒的な力を持つアインズの姿を見て即座に帝国から魔導国に寝返った。

ラキュース

アダマンタイト級冒険者チーム『蒼の薔薇』のリーダー。神官戦士。

支援から戦闘まで幅広くこなすマルチプレイヤー。隠れ厨二病。

ガガーラン

アダマンタイト級冒険者チーム『蒼の薔薇』のメンバー。

前線の戦士。性別は女性だがかなり大柄。チェリーハンター。

ティア

アダマンタイト級冒険者チーム『蒼の薔薇』のメンバー。忍者の双子の姉妹。

ティナ

アダマンタイト級冒険者チーム『蒼の薔薇』のメンバー。忍者の双子の姉妹。

イビルアイ

アダマンタイト級冒険者チーム『蒼の薔薇』のメンバー。

プレアデスのメイド2人を相手にして互角に戦える程、戦闘能力が高い。

王都内の地理を把握するために王都を散策していた際には、死に瀕していたツアレを独断で救出したことからもその信条が伺える。

また、リ・エスティーゼ王国第三王女ラナーの兵士であるクライムやブレインとは王国内で出会っており、親交がある。

王都内の地理を把握するために王都を散策していた際には、死に瀕していたツアレを独断で救出したことからもその信条が伺える。

また、リ・エスティーゼ王国第三王女ラナーの兵士であるクライムやブレインとは王国内で出会っており、親交がある。
予約限定フィギュアを手に入れよう!F:NEX(フェネクス)
 



感想まとめ

ゲームの世界に閉じ込められたうえで、さらに別世界に飛ばされるという設定のため、現実世界はもとよりゲームの世界がどうだったかもあまり関係のない状態になっているので話に入りやすいです。

NPCの名前は普通なのに、PCの名前が何故かダサいので覚えやすいです。

ネトゲをやったことがないので理解しにくいところもありますが、問題なく話は理解出来ました。

主人公が最強な物語は数多くあるけどここまで圧倒的に最強なのは珍しく、その世界の中では強キャラっぽい敵たちを雑魚扱いしながら倒していく様は結構爽快です。

主人公が勇者側じゃない所も面白く新鮮で、アインズが正義側としてモモンと名乗り冒険者をすることにより正義と悪、どちらの視点も楽しめるので飽きることなく楽しめるます。

どう見ても主人公には見えない見た目、アンデットが主役、そこもまた魅力だと思います。ダークヒーローが好きな方には特にオススメ。

ちょっと好みは分かれる作品かもしれませんが一度は観て欲しいです。

おすすめ異世界アニメ記事

[異世界召喚+性転換+ラブコメ+ギャグ] 異世界美少女受肉おじさんと

[転生系じゃなく転送]しらいむファンは見るべき! 戦闘員派遣します

[転生系]を世に知らしめた代表作! 転生したらスライムだった件

[女子高校生]がまさかの蜘蛛に転生!? 蜘蛛ですがなにか?

[ダークファンタジー]魔王として異世界で君臨するストーリー オーバーロード

Reゼロから始める異世界生活  [登場人物紹介] キャラクター一覧 まとめ 

[Re:ゼロから始める異世界生活] リゼロ アニメ1期 ネタバレ あらすじ

スバルは再び過酷な運命に立ち向かう! リゼロ アニメ2期 ネタバレ

[逆異世界召喚物]庶民派ファンタジー はたらく魔王さま

[容姿]が不細工との理由により、勇者を剥奪!?  月が導く異世界道中

作品のために制作会社作っちゃうほど期待された[傑作] 無職転生

オーバーロードII 3【Blu-ray】 [ 日野聡 ]

価格:11,440円
(2021/11/19 12:33時点)
感想(0件)

オーバーロード コンプリート 全13話 アニメ DVD 輸入版

価格:4,399円
(2021/11/19 12:34時点)
感想(1件)

オーバーロードIII 3 期 コンプリート DVD (全13話 325分) OVER LORD 丸山くがね アニメ 輸入版

価格:4,380円
(2021/11/19 12:34時点)
感想(0件)

【新品】オーバーロード 14 丸山くがね/原作 深山フギン/漫画 so‐bin/キャラクター原案

価格:704円
(2021/11/19 12:35時点)
感想(0件)

【バーゲンセール】全巻セット【送料無料】【中古】DVD▼オーバーロードII(6枚セット)第1話〜第13話 最終▽レンタル落ち

価格:12,999円
(2021/11/19 12:36時点)
感想(0件)

【バーゲンセール】全巻セット【中古】DVD▼オーバーロード(18枚セット) 全6巻、 全6巻、 全6巻▽レンタル落ち

価格:42,999円
(2021/11/19 12:36時点感想(0件)

おすすめ動画配信サービス

動画配信サービスでアニメを楽しみたいなら 無料期間付きがおすすめ

  • どの動画配信サービスを使えばいいか迷っている。
  • 見たい作品はどのサービスで見れるのかわからない。
  • 動画配信サービスの変更を検討中。

こんな悩みをお持ちではありませんか?

そんな悩み解決の手助けになればと思います。

どんな動画サービスを選ぶにしろ使いやすさ、ラインナップ、月々の料金と自分に合ったサービスを選びたいですよね。

まずは無料期間付きの動画配信サービスを利用することから始めましょう。

年間100タイトル以上見ているたけのこが数々登録してたどり着いた動画配信サービスを3つに絞りおすすめします。

アメリカ発の動画配信サービス『hulu。日本上陸は他サービスよりも早い!

日テレのドラマやバラエティ番組などの配信が多いのも特長の一つ。過去作品だけでなく、放送中の人気作の見逃し配信も観られます。

一部のアニメを1週間先行配信していて、どこよりも最速です。

  • 人気映画・ドラマ・アニメなどを10万本以上
  • 2週間の無料トライアル期間がある。
  • 国内外のスポーツ中継やニュース、音楽ライブなどライブ配信が充実
  • huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信している。
  • huluストアをのぞけば、月額1,026円(税込)で追加料金を支払わずに見放題
  • 子供向けのアニメを多数配信しており、成人向けの作品を非表示にする「チャイルドロック機能」があるので安心。
  • マルチプロフィール機能でアカウントを複数作れる。
  • ほぼ全コンテンツがHD画質で楽しめるほか、4K UHD/HDR/5.1chサラウンドに対応した高画質・高音質

同一アカウントで同時に複数デバイスによる視聴はできませんので注意。

会員向けの都度課金サービス「huluストア」では、新作配信映画やアニメのほか、話題のオンラインライブが視聴できます。レンタル/購入はhuluウェブサイトから。利用にはhuluへの会員登録が必須ですが、huluを退会しつつアカウントを保有している場合は、huluの継続課金を再開せずに作品単体でのレンタル/購入が可能です。

Hulu

「ラインナップが豊富」U-NEXT 

U-NEXT は、月額2,189円(税込)で動画・雑誌を見放題・読み放題できるサービス。

動画の本数は22万本以上もあり、雑誌は150誌以上を閲覧できるため、内容も充実。

また、U-NEXT では、動画と雑誌以外にも毎月1200ポイントが付与され、様々なコンテンツの利用に使えます。

月額2,189円(税込)ですが、1200ポイントがもらえるため、実質1,000円未満で動画や雑誌を楽しめる

映像作品では

  • 洋画
  • 邦画
  • 海外ドラマ
  • 韓流・アジアドラマ
  • 国内ドラマ
  • アニメ
  • キッズ
  • ドキュメンタリー
  • 音楽・アイドル
  • バラエティ
  • ハリウッドスタジオ
  • テレビ局

と12種類ものジャンルを取り扱っています。

漫画では少年コミックから女性コミックなど、幅広いため楽しめる作品がないと困ることはありません。

漫画や書籍だけで60万冊以上もの種類

U-NEXT では、初めて利用する方を対象に31日間の無料トライアルを実施。

さらに、費用はかかりませんが600円相当のポイントもプレゼントしてもらえます。トライアル中は、いつでもすぐに解約することが可能で、31日以内に解約すれば月額費用は発生しません。

U-NEXT には、Wi-Fi環境下で作品をダウンロードすることで、通信量を抑えられるダウンロード機能を利用できます。

そのため、あらかじめ作品をダウンロードしておけば、映画・ドラマ・漫画・雑誌などを場所・時間に関係なく楽しめます。

画質や倍速再生、同時視聴などの機能面も充実しているサービスなので、非常に使いやすいです。

また同じ月額料金で最大4つのアカウントを作ることが可能ですので家族で楽しむのもいいと思います!

U-NEXT で扱っている作品が充実しているだけでなく、31日間の無料トライアルを利用して、アニメを存分に味わってください!

月額500円(税込)で話題の動画が見放題の『Amazonプライム・ビデオ

映画、ドラマのほか、アニメも独占配信を含め豊富なラインナップが揃っています。

Amazonプライム・ビデオ』ではアニメのほかに映画、ドラマ、バラエティなど様々なジャンルの動画が見放題。

チャンネルを契約することで、追加の月額料金が必要なものの、視聴できる作品が広がる点はAmazonプライム・ビデオを利用するメリットの1つです。

なんと言っても格安。月額500円(税込)で往年の名作を中心に様々な作品が視聴できる動画配信サービスです。

最新アニメもしっかり見れますし、アマプラオリジナル作品があるのことも魅力。

Amazonプライム・ビデオもまたWi-Fi環境下で作品をダウンロードすることで、通信量を抑えられるダウンロード機能を利用できます。

そのため、あらかじめ作品をダウンロードしておけば、映画・ドラマ・漫画・雑誌などを場所・時間に関係なく楽しめます。この機能は本当に重宝します。

動画の視聴以外にも、

  • Amazonお急ぎ便無料
  • 音楽聴き放題
  • 雑誌読み放題

などの付帯サービスが充実しているのが特徴です。

ただし、アニメの本数はアニメ専用の見放題サービスに比べるとは少なめ、他動画配信サービスに比べ入れ替わりが激しく、テレビ放送終了後から間もなくで見放題対象から外れることも多々ありますので注意が必要です。

アマゾンプライム会員登録

アニメ見放題サイトなぜ有料がいいのか?無料サイトはダメ?

無料のアニメ見放題サイトは、視聴中に広告が流れたり、ダウンロードができなかったり、見たいと思った時に目当ての作品を視聴できないなど制限がある点に大きな違いがあります。

特に見たい作品がない場合、無料で視聴できるサイトで問題ないかもしれませんが、ストレスなく視聴したい方、目当ての作品がある方は、有料のアニメ見放題サイトがおすすめです。

あまりにも動画サービスがある中でどれを選べばいいか迷っている方に参考になればと思います。

海賊版を配信している違法サイトを利用しない。利用デバイスがウィルスに感染してしまう危険性があるため、絶対に利用してはいけません。

huluU-NEXT ,Amazonプライム・ビデオは無料で試せるトライアル期間があるため、両方のサービスを試してみて、ご自身に合ったものを選んで楽しんでください!

にほんブログ村 アニメブログへ

にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。